コインパーキング経営を始める|初心者にも安心のファイナンス

スーツの男性

農地を有効活用する方法

太陽光発電

収入が安定する

土地を有効活用するために農地の上で太陽光発電を行う、ソーラーシェアリングが人気になっています。職業として農作物を育てる場合には、気候によって農作物が育たない場合があり、安定した収入を得る事は難しいです。農地でソーラーシェアリングを行う事によって、農作物の収入に加えて発電の収入を得る事ができるため、収入が安定します。最近では収入が安定しないために、兼業として農業を行っているケースが多いですが、ソーラーシェアリングを行う事によって、専業として農業を行う事が可能です。そのため収入が安定しないため働く事ができなかった若者が、ソーラーシェアリングを導入する事で、農業で働く事ができ有意義です。ソーラーシェアリングは大きな面積に設置する事で、単価を安くする事ができるため農地には最適です。

遮光の効果がある

ソーラーシェアリングを行う事によって、収入が安定するだけでなく、農業としてのメリットも多くあります。ソーラーシェアリングを設置するためには、支柱を一定の間隔で立てる事になりますが、支柱がある事によって虫や害獣から守る、網や策を設置する事が容易になります。また支柱に監視カメラや、農作物を育てるための機械を設置する事が容易になり役立ちます。ソーラーシェアリングでは、農地の上に多くの太陽光パネルを設置する事になりますが、太陽光パネルによって遮光の効果があります。夏は日差しが強くなり良い農作物を育てるには、遮光をして日差しの調整を行う事が必要です。ソーラーシェアリングを行う事で、自然に遮光を行う事ができるため、良い農作物を育てる事ができ有益です。